サラリーマンはリスクが高い!15年勤めて年収1000万でも辞めた理由

サラリーマンとして15年やってきた

16年前…キユシヨはブラック企業に入社した

ブラック企業に入社したの記事はコチラ

そこから15年間…

営業マンとしてサラリーマンとして最前線で戦ってきた

年収は1000万になった。

年収1000万の仕事術【普通のサラリーマンがやるべき5つの事】の記事はコチラ

 

15年間決して楽な道じゃなかったけど

サラリーマンの最大の利点は

流れに身を任せて気楽に生きていける事!!だと思う

 

なぜなら僕らは創業者ではなく従業員だから!

リスクを取って起業したのは社長がであり

従業員は労働力や労働時間を対価に給料をもらう。

だからGAFAでもない限り従業員が経済的に豊になる事はない。

経済的成功が出来るのは社長一人だけだ。

だけどキユシヨはそこで結果を残していけば自分の理想を手に出来ると信じていた。

会社内での評価を勝ち取れば豊かになれるとね😊

 

そして15年の月日が経ち・・

キユシヨは従業員として最高位まで上り詰めました😙

15年サラリーマンを頑張ってみた感想

目の前の仕事をすればお給料貰えるから気楽に働いていける事が最大の利点
職種を選べば年収1000万は十分可能
年収2000万以上または富裕層になることは実質不可能
15年の営業実績と一社勤めのキャリアは転職では不利にならない
一生涯ラットレースが続くことを身をもって知った
サラリーマン人生はやりきったので悔いなし後悔もなし。
目指すべき働き方が明確になった
 

23歳から飛び込んだ営業の世界。それから14年後、統括マネージャーとして営業人生を卒業!少し淋しい気持ちと大きな達成感、年収1000万を得たのでした。めでたしめでだし

それから1年後、今一番言いたい事が今日のテーマ

年収1000万なんて捨てろ!

過去の自分を完全否定!

いや、否定じゃ無いんだ!

従業員として生きるなら、年収1000万そんぐらい本気でやっていいと思う!

年収1000万って富裕層じゃないけれど

そこまで来たからわかった事がある。

結論言えば1000万は超えても2000万は無理!少なくともキユシヨはね😊

いや、もしかしたら不可能じゃないかもしれない!!

ただ自分の力が及ばない要素がデカ過ぎると思うんだ。

2000万はなくても1000万あればいいじゃない?って意見もあると思う!

だけど目先のお金じゃない!

年収1000万のサラリーマンが抱える人生のリスクが重要なんだ。

年収1000万の仕事内容

  • 営業部全体の責任・指示・判断
  • 内勤・工事・サポート・ルートからなる他部署との連携、調整、会議打ち合わせ
  • 全ての契約案件の工事のスケジュール調整
  • 総勢20名の営業マンの見積もりチェック検印
  • 全契約の審査、不備、工事、入金完了までの進捗状況を確認
  • 外部取り引き先の担当との折衝、相談
  • 総勢20名の営業マンの案件相談
  • 毎朝の清掃作業の見回り、掃除場所チェック
  • トラブル相談〜クレーム対応
  • 入社2年目の女性営業マン2名の育成と指示
  • 新入社員4人の研修とテレアポ・営業指導
  • 総勢20名の営業マンの商談結果を電話で確認
  • 競合他社との定例会議出席、懇親会参加
  • 8時退社の敢行後、事務所の戸締まり
  • 朝礼、昼礼、終礼の挨拶
  • excel資料、フォーマット作成
  • 業務フローの見直し変更調整

と、こんぐらいでもういいや‥。思いつくまま書いてみました。

これ以外にもまだまだ業務あるっす!だからね、余談だけど今日みたいに夜中の3時までブログ書いても日中は眠くなんないの😅目の前に山ほど仕事回って来るからね〜。

ともかく労働力と時間を際限なく注ぎ込みラットレースを繰り返している。

ラットレースに疑問を持ち始める

仕事量や求められる目標が高くなるほど労働力と時間を担保し行動してきた。

会社や部署が成果を上げる事それが自分のためになると自ら担保して来た。

そこまで仕事に担保できる事が自分の強みだと思う。

しかしラットレースのようにグルグル走ってるだけだ。

雇用する側からすれば何も考えず回し車をひたすら回し続けてくれるネズミが理想だが。

ラットレースについては与沢翼さんの動画参考にして下さい

ラットレースについてこちらの動画も参考になります

それでも1年間本気でやってみた結果

軽く見積もって毎朝8時から夜の22時近くまで仕事して

土曜日もほぼ毎週出勤して1年間やりきった。

全体の年間達成率で固定給もUPと言われてましたし!

達成していく事で会社が発展していく事は間違いない!

部下にもその分要求して来ました☺

その結果

年間の総粗利で昨年比110%増収を計上!

2年前まで年間予算を下回ってた事を考えると大きなプラスを叩き出したんだ!

ここまでは良い話!問題が起きたのはそのあと

それだけの結果を持って臨んだボーナス査定会議で伝えられたのは‥

給料1ヶ月分?

しかも降格して営業マンに戻った前部長の方が貰ってる😱

固定給も増額無し?

なんで?誰か説明して‥

とにかく、この1年楽じゃなかった。営業マンに予算の150%の成果を求めて何度、叱責して面談して来たかわからない。中には「ついていけない」と部署を移動した者もいる。必死だった。皆、疲労困憊しながらも良くやってくれた。その結果が110%プラス。

しかしボーナスは給料1か月分だった。固定給も据え置きだった。

給料の額がどーのこーのじゃない!

昨年これでもかって仕事した。前年比110%増の成果を出した。

評価は特になかった…

ニンジンぶらさげ走らされる事はよくある話だ。

ただしニンジンが偽物だったら次も走れるだろうか?

こうしてキユシヨは労働収入の限界とリスクを感じ始める

労働収入の限界とリスク

どれだけ貢献すれば?

どれだけ仕事すれば評価される?

この成果を越えるために今年はどれだけ休みを返上すればいい?

どれだけの時間を費やせばいい?

どうすれば年収2000万になる?

 

どれほど仕事しても貢献しても評価も対価も社長が決めるのだ。

俺はこの先の収入を…

もっと言えば人生を社長に完全に委ねてしまってないか?

それって怖くない?

 

この先さらに10年間必死で働いたとしてどう評価される?

人生の貴重な10年間は取り返せない

人生をあきらめる年齢にもなる

ましてや大企業でもない限り毎年ベースアップなんてない

成果をあげて評価してもらうしかない!

でも成果を上げても10年後も同じ給料かも知れないよ?

経営者としては出来るだけ賃金を抑えて最大限労働をさせたほうが得に決まってるからね!

 

誰だって10年後の保証なんかない!

それはわかる。

ただしサラリーマンのリスクはもっと別にある。

サラリーマンで最も恐ろしいリスク

それは…

他人の評価軸で人生が決まると言う事だ

 

例えば月1000万利益を出したとするよね?

それを社長が独断と偏見で評価して今月の報酬は30万だよ!って言うようなもん!

しかもキユシヨはマネージャー。

事業部全体の成果を上げるには部下たちの成長や成果がカギを握ってる!

簡単に人を動かせられると思う?

人を動かす事はやわではない

自発的に動く人間ばかりではない

でも動かさないと俺の評価は得られない!

もし動かせたとしても評価が得られるかわからない!

ちょっと待って!これ以上に頑張ったとしても自分の評価も人生のかじ取りも

他人が握ってるやん!?他人がやるかどうかの要素が大きくない?

 

世の中、仕事に多くを求めない人もいる

そこそこ暮らしていければいいと考える人もいる

それはそれで正解だ!全く問題ない!好きなように生きたらいい。

ただし、そうじゃない人もいる!

お互いにそれを強要したくない!と言うのがキユシヨの考えだ。

年収1000万のサラリーマンのリスクまとめ

人の成長に自分の人生がかかってる!

人をやる気にさせる事に貴重な人生を費やす!

人に成果を出させても対価や評価は未知数!

経済的成功を収めることが出来るのはレバレッジを効かしている経営者のみ

会社をたたむも譲るも経営者の自由

10年後もひたすらラットレースを繰り返す人生

収入が上がるかどうかは他人の評価軸で決まる

ハイリスク…

 

自分のビジネスに人生を使おう

年収1000万でそれだけ会社のために働くなら他人のビジネスに人生を使うなら

自分のために自分のビジネスに全力を注いだほうが早くない?

 

自分でビジネスをする事で得られるもの

時間 収入 健康 家族 やりがい 成長
年収1000万を捨てて得られる可能性は大きい
自分で事業をするリスクより
会社にしがみ付いてるリスクの方が大きい

 

15年サラリーマンやってようやくこの本の意味が身をもって分かって来ました!

金持ち父さん貧乏父さん読んでない方は読むべし 

 

年収1000万を越える為に

心と体が健全である為に

他人に依存しない人生である為に

年収1000万なんて捨てろ! 

 

最後まで読んでくれた方へ

ありがとうございました。

サラリーマンリスク
良ければフォローしてください!