オタクって…ちょっとカッコいいと思う話

とりあえず、派遣先の社員8割がオタクだ。

ゲーム関連の仕事だからか?

わからないけど、とにかく一日中オタクに囲まれている。

昼休み。突如カードバトルが始まる

僕も小学生の頃はビックリマンシールやらカードダスやら何やら集めた

でも、今はやらない。

なんつーか、その恥ずかしいから‥

 

その横で

お母さんが作ったお弁当を食べるオタクがいる

僕はお弁当を作ってもらおうとはしない

だって、子供じゃないから‥

 

ゲームもマンガもフィギュアだって本当は嫌いじゃない、むしろ好きだ。

でも、でも、大人だから‥

 

 

そうさ、大人って

好きなことを我慢すること

人の目を気にすること

人の評価に合わせて生きること

人の意見にあわせること

人と同じように生きること

なのかな?

 

 

先日、自らオタクを宣言する女の子と隣のデスクになった

仕事中、周りが無言で作業する中‥好きなアニメのキャラ推しを延々としてきた。

19歳の女の子のアニメの話と僕の声だけが響き渡る

聞いてる僕すら恥ずかしい‥

 

それでも延々と話し続ける

 

オタクって、たくまし過ぎないか?

空気、全く読まないって無敵じゃないか?

 

同担、他担なんて言葉はじめて知った。他にも、声優の話とかコミケの話とか自分の知らない世界ばかり。

でも、それだけじゃない

僕はオタクに生き方を教えてもらっている

僕にとってオタクとは、単なるマニアックでちょっと気持ち悪い人じゃない。

 

人の評価軸の中で生きていない、自分の心に正直に生きる先輩なんです。

 

僕はそんなオタクが好きです。オタクの生き方に萌えるんです。

 

あんな風にまっすぐ生きれたら‥

堂々と好きな事にまっすぐに生きれたら‥

 

人にどう思われるか?

僕はそんなことを気にする人間です。

 

オタクって…ちょっとカッコいいよ。

良ければフォローしてください!