366日ひめくりカレンダー記念!おじゃどドキュメントファイル①

ついに詳細が明らかになって来ましたね!

おじゃどfamily企画 366めくりカレンダー

今日は、そんなおじゃどの謎めいたパワーについて綴りたいと思います。

おじゃど降臨

おじゃどは9年前‥僕が勤めていた会社に派遣スタッフとして入社しました。

今では公認ですが、

我々はお互いのことが大嫌いでした。( *`ω´)

 

僕はおじゃどの物怖じしない態度に新人のくせに遠慮がなくて可愛げがない奴だと思ったんです。

でも、それは彼女の実直さでした。

 

誤解とわだかまりが解け、仲間うちで飲みに行くようにもなりました。

あらためて見ると

おじゃどはとてもいいヤツでした。✌︎(‘ω’✌︎ )フォローしとくね

 

異例の女性営業マンになる

おじゃどはその後、正社員になりました。

ところが、おじゃどが望んだのは女性では異例の営業職でした。

「わたしはお客様の喜ぶ顔が見たい。だから営業がやりたい。」初の女性営業マンの誕生でした。

 

でも、それは一方で

成果を下げれば「女だから出来ない」と言われ

成果を上げれば「女だから出来た」と言われる

周囲からの中傷とも

戦わなければならない道でした。

 

一度だけ、涙を流したことがあります。

自分の思いが届かなくて、くやしくて涙を拭うおじゃどを見てこいつは絶対に伸びる。

そう予感しました。

 

覚醒!最高の女性営業マン

数年後‥

頭角を現したおじゃどに、敵はいませんでした。

トップセールスと言うだけじゃなく、

一人また一人と周囲の信用を勝ち取り、認められていったんです。

 

女だから出来た‥」そんな声は賞賛に変わり

「おじゃどだから出来た」

「おじゃどならなんとかしてくれる‥」

そんな期待と信頼を集めるエースの姿がそこにありました。

 

僕は曲がりなりにもトップセールスでした。が、唯一おじゃどだけは脅威を覚えました。

おじゃどの契約には道筋が見えない時があります

なぜ、こんなにたくさん売れるのか?

わからないのは、

僕が、その領域に達していないからです。

 

こうして‥「お客様の喜ぶ顔がみたい」

そんな願望を胸に飛び込んだ営業の世界で、彼女は紛れもなく最高の営業マンになったんです。

(本人は営業はもうやらないと言ってますが‥)

 

今、おじゃどを動かすもの

そして今、保護の無い世界へ向けて

毎日せっせと作業を続けています。

そんな姿を応援しながらも、僕は時折こう思うんです。

 

果たして意味があるのだろうか?

みんな生きていくのに精一杯だ。

他人の事にまで、ましてやワンコにまで手を差し伸べる人はいるのだろうか?

 

それでも‥

おじゃどはせっせとカレンダーを作っています。

 

この活動で救われる動物がどのくらいいるのか?それはわかりません。

おじゃどにも僕にもわかりません。

 

でも、今おじゃどを動かすもの

そして、今も昔もおじゃどを動かしてきたことは

信念なんじゃないかな?と思うんです。

 

おじゃどなら、何かを起こしてくれる。

そんな気がするんです。

おじゃど
良ければフォローしてください!