決断できない時はどうしたらいい?どうすれば覚悟が決まるのか?少しわかったこと

結婚、離婚、就職、転職、起業、受験、別れ

人生の帰路に立たされた時‥

何かを決断するって簡単そうで難しい…

 

僕はいつも分かれ道の前で、2つの未来に悩みました。

この道はどこに繋がるんだろう?この道の先には何が待ち受けているんだろう?

どんなに頭で考えても先が見えず、時間だけが過ぎていきます

 

どうしたら決断出来るのだろう?

どうすれば覚悟が決まるだろう?

決断できる人と僕は何が違うのだろう?

 

悩んで悩んで悩み疲れて決断出来ない自分を憎みました。

それでも悩み続けて‥

ようやく少しわかった事を過去の自分に、同じ苦悩を抱える人に伝えます。

 

決断とは退路を断つこと

15年勤めた会社を辞めた時‥悟った気がしました

あれ?もしかして決断したいなら先に退路を断てばいいのでは?

【決めてから断つのではなく、断つ事で覚悟が決まる】

 

あれほど複雑に見えたことも、いざ手放してみると対して必要じゃなかった…

なんてこともあって。

一体、何を悩んでいたのだろう?

実は僕の中で起きてたことは、起きるかどうかもわからない未知に対しての恐れです。

 

見えないものを見極めようと目を凝らすより、思い切って手を放してみる

それが自分流の決断の仕方です。

 

決断にはきっと後悔も付き纏います。

でも退路を断たなければ、大海を見てるだけの日々が後悔に変わるかも知れないんです。

決断のリスク・決断しないリスク

大きな決断にはリスクがともないます。

一方で「上手くいくかわからない…自分にはどうせムリだ」

そう言って何もしない=決断しないリスクもあると思うんです。

 

だからどうせダメならやってみよう!この言葉が好きです。

やってダメか、やらずにダメか、どっちにしろダメならやってみよう。

でも、やれば可能性はゼロじゃ無い。やらなければ可能性すら無い。

 

人の歩いた道が人生

失敗を恐れた時に思い出す言葉があります。

【人の歩いた道が人生】

計画通りに生きる事が大事じゃない。自分の足で歩いている充足感が大事。

困難にぶつかったり、予期せぬ事が起きたり、時には周りに流されたり、道を誤ったりしながら、人が歩いた道‥それが人生。

 

たとえ自分の思い通りの人生は描けなくても

自分の思うままに人生は描ける

良ければフォローしてください!